U-NEXTの口コミ/評判はどう?実体験レビューで辛口評価した結果

U-NEXTはもともと日本でも最大級の動画サービスであったのですが、電子書籍サービスであるBookPlaceと統合することにより、動画も電子書籍も楽しめるようになりました。それでは実際にU-NEXTを使っている人の口コミや評判はどうなのでしょうか。U-NEXTの詳しい内容とともにご紹介します。

U-NEXTのサービスをわかりやすく解説

U-NEXTは2007年に開始し国内最大級の動画配信をしているサービスですが、漫画を読むこともできます。以前はBookPlaceと呼ばれる書籍だけのサービスと動画サービスが分かれていたのですが、U-NEXTとBookPlaceが統合されU-NEXTに登録をしていれば、漫画も読むことができるようになりました。

  

読める漫画の種類

U-NEXTで読むことのできる書籍の種類は35万冊以上です。この数値は電子書籍と
専門に扱っているサービスと変わりありません。中には無料で読むことのできる漫画も多く満足の行くことができるサービスなのです。それでは女性漫画や青年漫画などそれぞれのジャンルでの品揃えをご紹介します。

女性漫画
26,708
女性漫画は26,708冊と、専門の電子書籍並みと品揃えとなっています。

少女漫画
11,137
少女漫画は11,137件あります。1巻から最新刊までそれぞれ揃っているので、一気に読むこともできます。
青年漫画
17,156
青年コミックは、BUNGOやキングダムなど合計で17,156件です。
少年漫画
7,410
人気の「転生したらスライムだった件」や「七つの大罪」など7,410件です。
TL
5,642
ティーンズラブは2019年9月現在で5,642件揃っています。
BL
6,470
人気の高いBLは6,470件といった豊富さです。1冊650円~900円前後といった手ごろさも人気のひとつです。
ハーレクイン
3,068
「罪深き婚礼」などハーレクインのシリーズは3,068件と豊富に揃っています。

漫画雑誌
男性誌141、女性誌192
ヤングジャンプやモーニング、ヤングチャンピオンなど男性誌が141件、女性漫画雑誌は「花とゆめ」、「りぼん」など192件です。
小説・文芸(国内)
41,308
国内の小説は40,000件以上と、電子書籍専門サービス並みです。
小説・文芸(国外)
3,901
国外の小説も揃っています。
ビジネス・自己啓発
13,774
新刊が多く揃います。

   
   ・雑誌・グラビア
雑誌は女性ファッション、女性ライフスタイル、男性ファッション、男性ライフスタイル、ニュース・週刊誌、ビジネス・IT、グルメ・トラベル、エンタメ・趣味、スポーツ・車と多くのジャンルから選ぶことができ、常に最新号を読むことができます。

女性ファッション
16冊
女性ライフスタイル
13冊
男性ファッション
7冊
男性ライフスタイル
6冊
ニュース・週刊誌
4冊
ビジネス・IT
7冊
グルメ・トラベル
7冊
エンタメ・趣味
7冊
スポーツ・車
10冊

漫画
160,000作品
書籍
150,000作品
ラノベ
10,000作品
雑誌
読み放題70誌以上

 
 

独占配信漫画はあるの?

 U-NEXTには独占漫画配信は2019年9月現在見当たりません。しかし有名なマンガや雑誌などの最新号を読むことができることが魅力です。漫画は160,000作品、書籍は150,000作品と揃っており、様々な漫画や雑誌を読むこともできます。

 

他の電子書籍サービスと5つの違い

それでは、U-NEXTは他の電子サービスと比べてどこが違うのでしょうか。それぞれご紹介します。

・パソコン・スマホ・タブレットで漫画を読める
・ダウンロードの速さ
・無料の漫画の探しやすさ
・特典の多さ
・豊富なポイントサービス
・動画も見られるサービスのわりに書籍や漫画が充実
・雑誌の読み放題が充実
・1つの契約で4アカウントまで

パソコン・スマホ・タブレットで漫画を読める
BookPlaceが存在することは、パソコン・スマホ・タブレットの全てで読むことができる漫画、スマホでしか読むことができない漫画、パソコンでしか読めない漫画などあり、全ての漫画を読むことができるというわけではありませんでした。

電子書籍を読む人の多くは電車の中など移動中に利用することが多く、不便な点が多かったのです。しかし現在は全ての漫画、また雑誌や書籍など、パソコン・スマホ・タブレットのいずれの方法でも読むことができるようになりました。

ダウンロードの速さ

漫画を読むためには、漫画をダウンロードをすることが必要なのですが、BookPlaceReaderを使っていた頃に比べて、明らかに早くなりました。以前は漫画一冊をダウンロードするのに、30分かかっていたこともあったのです。

しかしN-NEXTアプリから漫画をダウンロードすると、数秒しかかからないのです。電車の移動時間など限られた時間で漫画を読みたい場合でもいらいらすることはありません。

無料の漫画の探しやすさ
BookPlaceの頃は無料の漫画を探すのが大変だったのですが、U-NEXTに統合されてからは、メニュー→マンガ→無料と進むことで簡単に探すことができるようになったのです。「新着」「ランキング」「無料」とそれぞれのジャンルごとに探しやすくなっています。

以上のようにU-NEXTの電子書籍は一段とよくなり、ユーザー数が増えているのです。

特典の多さ

参照 U-NEXT

上記のように、月額は1,990円なのですが「31日間無料体験」があります。自分の読みたい雑誌や漫画があるか、使い勝手はどうかなど試すには十分な期間であるといえるでしょう。また漫画の読み放題はないのですが、雑誌の読み放題があるため読みたい読み放題に読みたい雑誌が含まれているかどうかを確認するとよいでしょう。

また無料トライアルの時でも600円分ポイントを取得できるため、600円分は有料サービスの利用をすることできます。つまり無料で600円分購入をしてみて、使いやすいかどうか確かめることができます。さらに毎月1200ポイント分付与されるので、1200円分は月額料金だけで利用が可能です。このポイントは有効期限は45日なので、翌月に回すこともできます。

漫画は新刊だと550円前後、最新刊以外だと400円前後なので、毎月2~3冊無料で読むことができます。この金額は他の電子書籍のサービスと比較をしても大きな違いはありません。

書籍やコミックなど期間限定で無料やセールになる事がある他、始めの数巻だけ無料で試し読みできる漫画も多く、本当に読みたい漫画を探すこともできるのです。さらに無料コーナーがあります。新刊や大人気漫画が無料になる事は少ないのですが、新しい漫画を開拓するのはもってこいのサービスといえるでしょう。

 

豊富なポイントサービス

U-NEXTではアカウント開設時に600円分、有料期間に入ってから毎月1,200円分のポイントが付与されます。さらにこの無料で付与される1,200円分以外にポイントを購入した場合は、購入したポイントに対して40%分のポイントが32日後に還元されます。

 

動画も見られるサービスのわりに書籍や漫画が充実

U-NEXTはもともと動画配信サービスで、電子書籍を楽しむにはBookPlaceを別に契約する必要がありました。しかしBookPlaceがU-NEXTに統合になったことで、月額1,990円で両方のサービスを利用できることになりました。

また毎月付与される1,200円分のポイントは、動画にも書籍にも利用できるため両方を楽しみたい方にはU-NEXTは特におすすめのサービスです。さらに動画の併用のサービスといっても、電子書籍専門のサービスと変わらない35万冊以上の展開をしており、電子書籍だけが目的の方でも十分に楽しむことができるのです。

 

雑誌の読み放題が充実

漫画の読み放題はなく、無料の者は数巻だけもしくはマイナーな漫画が多いのですが、雑誌は70種類以上が読み放題であり、女性向けの雑誌が特に充実しています。雑誌一冊でも書店などで購入するには800円~1,000円かかるので、かなりお得なサービスといえます。

これほど雑誌の読み放題が充実していてさらに動画を配信しているサービスは、他にはフジテレビオンデマンドくらいしかないといっていいでしょう。そのため雑誌を何冊も毎月読みたい方にとってはかなりおすすめのサービスだといえます。

1つの契約で4アカウントまで

U-NEXTでは一つの契約で4アカウントまで作ることができます。例えば4人家族で1人が契約をすれば、4人が全く違う場所でそれぞれのアカウントを使って違う作品を見ることができるのです。
4人で使う場合は、一人あたり500円とかなりリーズナブルに利用することができます。また他のアカウントで何をみているかわからないような設計になっています。これをファミリーアカウントとよんでいます。

ファミリーアカウントでは以下のような仕様となっています。

LINEでURLを送信することで簡単登録もできる
複数アカウントで同時再生できるから、家族みんなで同時に利用できる
子アカウントではR指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示していないので、親御さんも安心
子アカウントでの購入制限ができるので、家計にもやさしい
引用 U-NEXT

 

U-NEXTで漫画を無料で読める方法はある?

U-NEXTは31日間のトライアルを申し込むと、この期間は無料で漫画を読むことができます。また毎月1200円分のポイントがチャージされるため、2冊無料で読むことができるのです。さらにこの1,200円分のポイント以外に、ポイントを購入した場合は40%分のポイントを32日後に還元してくれるのです。

使い方の例
1.漫画2冊購入
漫画は1冊400円~600円であることが多く、1200円分のポイントで毎月漫画を2冊購入可能です。

2.漫画1冊購入 映画を1本レンタル
漫画は1冊400円~600円で、映画のレンタルは1本324円~540円であることから、漫画を一冊購入し、さらに映画を1本レンタルすることができます。

またほとんどの作品でサンプルを読むことができ、数十ページを読むことができます。そのため人気のマンガであっても、ある程度読んでから購入をすることができるのです。中には立ち読みのサービス以外で無料で読める漫画もありますが、新作や大人気漫画はほぼこの対象ではありません。

幅広く漫画を読んでみたいといった方には特にU-NEXTはおすすめできます。

 

U-NEXTに登録する前の注意点3つ

U-NEXTに登録する際、気を付けていただきたい点を3点ご紹介します。

    

無料体験期間が終わる時期に注意

U-NEXTが提供している無料体験は31日間なのですが、有料期間中は無料期間が終わってから1か月が1か月目の支払いではなく、無料体験期間が終わった月の月末までが1か月目の支払いであり、翌1日からは翌月の支払いが発生します。

つまり3月28日~4月27日まで無料体験期間として利用をした場合、4月28~30日までが初月の1,990円必要で、5月1~31日はさらに1,990円必要となります。つまり4月28~30日は3日間しかないのに1,990円必要となります。

このようなことにならないためにも、できるだけその月の最後の日に無料期間が終わるように登録することをおすすめします。例えば5月1日に登録をすると、5月31日までが無料登録期間となり、翌月の6月1~30日が初月の有料期間となるのです。2月のように日数が短い時期は特に注意が必要です。

いつ始めたらよいのかわからない場合は、お客様センターに問い合わせをするようにしてください。また申し込みをする時に、

「無料期間終了後は月額利用料1,990円(税抜)がかかります。
お客様の場合、2019年9月1日(日)までであればいつでも無料で解約できます。」と案内書きがあります。この日付をどこかにメモをしておくようにしてください。普段からスマートフォンで利用する場合は、Google カレンダーなどに登録しておくとよいでしょう。デスクトップにお知らせをしてもらう設定があります。

   

自動更新となります

U-NEXTの無料期間は31日間と比較的長く提供されています。しかしこの無料期間中に解約手続きをしないと、自動的に有料期間に契約が進みますので十分気を付けてください。31日間の最終日がいつかを把握しておく事が大切です。

 

退会と解約の違い

U-NEXTは解約をしても、退会までする必要がありません。退会をしてしまうと、これまでに購入したデータなどが全削除されてしまうのです。

U-NEXTの登録・利用の流れは?

U-NEXTの登録方法をご紹介します。誰でも利用することができ、月額料金以外に費用はかかりません。

 

まずは31日間無料体験

U-NEXTのホームページより、「まずは31日間無料体験」をクリックします。トップページに大きく表示されているので、簡単に見つけることができます。

参照 U-NEXT

お客様情報を入力

参照 U-NEXT
「まずは31日間無料体験」を入力すると上記のような画面になります。カナ氏名を入力し、生年月日はプルダウンで選ぶことも自分で入力することもできます。性別を選んだあとは、メールアドレスとログインをするためのパスワードを入力します。

このパスワードは他のサイトなどと使いまわしをしないようにしてください。6~20文字の半数英数字ですができるだけ複雑なまた長いパスワードにすることをおすすめします。

このあと、ハイフン無しで電話番号を入力したあとは、地方と都道府県にわけて地域を選びます。

 

支払い方法

このあと支払い方法の入力となります。U-NEXTの支払い方法は、クレジットカードか、ドコモ、au、ソフトバンクなどの携帯払いとなります。携帯払いは、毎月の通話料金や通信料金に合算して支払いをする方法になります。

   

クレジットカード払い

U-NEXTで利用できるクレジットカードは、VISAカード、JCBカード、Master Cardの他にはAmerican Expressカード、ダイナースクラブカードとなります。デビットカードを利用することができません。

   

携帯払い

U-NEXTはドコモ、SoftBank、auなどの大手キャリアの携帯払いを利用することができます。毎月の通話料金や通信料金の支払いに合算をして支払うことができます。クレジットカードのように後払いとなるので便利であり、クレジットカードを作りたくない、また作れない方にもおすすめの支払い方法です。

   

U-NEXTカード

またU-NEXTカードと呼ばれるプリペイドカードがあります。見放題カードとポイントカードの2種類があり、それぞれ以下のような特徴があります。ファミリーマートをはじめ、ヤマダ電機や、ビックカメラグループ、ヨドバシカメラ、エディオングループ、ドン・キホーテ他にもAmazonにて購入可能です。

しかし、ヨドバシカメラ、エディオングループ、Amazonでは見放題カードのみ購入をすることができます。

カードを購入したあとは、こちらから利用をします。アカウントがまだない場合は、「はじめてご利用の方から無料での会員登録が必要になります。以下の手続きが必要になります・

・ギフトコードの入力
U-NEXTカードの裏面に記載されているギフトコードを入力します

・お客様情報の入力
メールアドレス
パスワード
性別
生年月日

・見放題カード
30日間見放題+1200ポイントを利用可能
・ポイントカード
540ポイント~50,000ポイントの間で希望のポイント数を購入可能
1ポイント=1円分として使うことができます。

Uコイン

iOSでU-NEXTを利用しているユーザーの方対象の支払い方法となります。Apple社のアプリ内での書きとなり、Apple IDを使った決済となります。他の支払い方法であれば、購入した金額の40%が付与されるのですが、Uコインで購入した場合は20%の付与となるのでご注意ください。

お子様が利用する場合は、ファミリーアカウントサービスより、「購入を許可しない」設定をすることができます。利用する時のみ、親のアカウントで購入したUコインを共有することができます。

 

解約方法

U-NEXTの無料期間が終わる前に、解約をするということもあるでしょう。ここでU-NEXTを解約する方法、また注意点をご紹介します。

U-NEXTの登録をWEB上で下場合の解約はWEB上で行う必要があります。スマホアプリからは解約できないので注意をしてください。解約をする前に、メニュー→設定・サポート→契約内容の確認・変更で契約内容を確認するようにしてください。U-NEXTは日割り計算ではないので、契約日が多く残っているともったいない状況となります。

iOSアプリで会員登録をした場合は、こちらのページから解約を行う必要があります。解約手続きは、Apple IDのアカウントから行う必要があります。

iOSアプリにログインし、メニュー[設定・サポート]>[契約内容の確認・変更]>[定額制サービスを停止]を選択して手続きしてください。
引用 U-NEXT

このあとAppleIDのアカウントをひらき、登録しているアプリの一覧からU-NEXTを選択してください。更新日などの内容を確認し、登録をキャンセルの選択をタップしてください。最後にキャンセルの確認が表示されるので、確認をした時点で解約手続き完了となります。

この手続きが終了し、「登録をキャンセルする」が表示されていない状況であることを確認してください。まだ表示されていると、解約手続きが終了していません。

iOSアプリからU-NEXTの登録をした場合は、直接U-NEXTに連絡をしても解約をすることができないので十分ご注意ください。

U-NEXTは本当に安全かどうか調べてみた

U-NEXTの前身は株式会社USENが経営をしていたGyaONEXTです。動画配信サービスの名前をGyaONEXTからU-NEXTに変更し、株式会社USENから分離独立し、現在は株式会社U-NEXTが経営をしています。

 

会社概要

社名
株式会社U-NEXT (英文名称 U-NEXT Co., Ltd.)
本社所在地
〒141-0021 東京都品川区上大崎三丁目1番1号 目黒セントラルスクエア
代表者
代表取締役社長 堤 天心
事業内容
U-NEXT事業
コンテンツプラットフォーム事業
モバイル通信事業
集合住宅向け固定通信事業
BPO事業

URL https://unext.co.jp/

 

サービス概要

株式会社U‐NEXTでは大きくわけて以下の3つのサービスを提供しています。

・U-NEXT
動画や電子書籍の配信をしてます。一つのログインで両方を管理することができ、動画も書籍も楽しみたいかたには特におすすめのサービスです。

・U-mobile
通話料金がキャリアよりも安い格安SIMの展開をしています。
・U-NEXT 光01
光インターネットサービスの提供をしています。

U-NEXTは日本で最も規模の大きな映像配信サービスであり、別サービスであった電子書籍専門のBookPlaceを統合することにより、動画も電子書籍を楽しめるようになりました。

口コミや評判からU-NEXTを辛口評価

それではU-NEXTを実際使っているユーザーの評価を見てみましょう。

評価するポイント
評価するポイントとしては、以下のような項目があげられます。
 コスパのよさ
U-NEXTの月額料金は1,990円と、これだけ聞くと他のサービスと比べて高いと感じてしまうのではないでしょうか。電子書籍のサービスだと1,000円以下で提供しているものもあります。しかしこの金額は決して高いとはいえません。

それはまず動画を利用できるということ。また電子書籍をだけを楽しみたいといった方にも品揃え(次項で詳しく説明します)や無料で利用できる分、キャンペーンなどを考えると十分なコストパフォーマンスであることがわかるのです。

また40種類以上の雑誌が読み放題、立ち読み機能(最初の10ページほどを無料で読める)などの様々なサービスが充実しているのです。

 品揃え(どこのジャンルに強いのか)
 アプリの使いやすさ
アプリ一つで動画と書籍の両方を管理する事が出来るようになり便利になりました。書籍を見る時でも、「雑誌」「マンガ」「ラノベ」「書籍」と選ぶことができるため、漫画を読む時でも便利です。この作業はWEBサイト上でも同じとなり、閲覧や購入を簡単にできます。

複数端末で同時に利用できる
電車の中では、スマートフォンやタブレット、自宅ではゆったりとPCで楽しみたいといった方多いのではないでしょうか。電車の中で途中まで読んで残りを自宅で楽しみたいといったケースも多いでしょう。

U-NEXTではスマートフォン、タブレット、PCなど複数の端末で同時に利用することができます。

オフラインで利用可能
いつも乗っている電車が電波の悪い場所を通るなど、オンラインで利用できない環境の場合もあるでしょう。そこで全て端末にダウンロードをすることによって、オンラインにつなげる必要はなくオフラインで楽しむことができるのです。

また複数の端末を利用する場合でも、ダウンロード数に制限はないため同じ作品をPCとスマートフォンなど複数の端末にダウンロードをすることができます。また複数の作品を購入する場合はまとめてダウンロードをすることができるのです。

このため、一つの端末内に多くの書籍や漫画などを持ち歩くことができるのです。本を多く持ち歩くとかさばり重くなるのですが、電子書籍の場合はその心配もありません。

デメリット
UーNEXT にもいくつかのデメリットがあります。デメリットも十分把握をしてから、契約をするようにしてください。契約する前に悩みすぎなくても、31日の無料期間で十分把握することができるでしょう。

月額が高い
U-NEXTの一番のデメリットは、月額が1,990円と高いことでしょう。特に漫画を求めている方は、無料のものが少なく毎月の支払いが高くなることがあります。追加料金なしで動画を見ることもできるのですが、動画が必要ない方には余分なコストかもしれません。

人気漫画の無料は少ない
人気漫画の無料コーナーは、最初の1巻だけもしくは一部分だけであることが多く、基本的に無料で読むことはできません。また雑誌の無料読み放題もある程度決まっており、この中に読みたいものがなければ、毎月付与される1,200円分のポイント以外は月額料金以外に支払いが必要となります。

もともと月額費は他のサービスと比べて安くはないため、割高になってしまう可能性があります。

総合評価
U-NEXTは書籍だけでも35万冊と他の電子書籍サービスとくらべても充実しており、さらに動画配信を楽しみたい方にとっては決して月額の1,990円は高いとはいえないでしょう。さらに雑誌が40冊以上読み放題で、特に有名女性誌がラインナップしていることからも、これらを読むかたには特におすすめです。

しかし漫画は読み放題がなく、人気漫画に関しては無料サービスもありません。そのため毎月の1,200円分のポイントがあったとしても、動画も必要なく漫画だけが目的な方には、コストパフォーマンスはいいとはいえません。

また漫画が目的の方でも、人気漫画以外にも色々読みたい方には無料の漫画もあります。そのため人気漫画だけが目的でない限りは評判は悪くありません。

複数の端末で利用できることも、評判をあげる一つの要因です。外ではスマートフォンやタブレット、家ではPCで利用したい方も多く、一つの作品を複数回ダウンロードができるU-NEXTは使い勝手が良いのです。

まとめ

U-NEXTはもともと動画配信サービスだったのですが、電子書籍のサービスであったBookPlaceを統合することによって、一つのログインで動画も電子書籍も楽しめるようになりました。しかも電子書籍専門のサービスにもひけをとらないコンテンツの多さであり、十分に楽しむことができます。

月額は1,990円と決して安くはないのですが、特に動画と電子書籍の両方を楽しむユーザーにとってコストパフォーマンスのよいサービスといえます。

またアプリは使いやすく、雑誌や漫画などを選ぶ方法も簡単であり、さらにPCなどと複数端末でも利用できます。会社などの行きかえりの間電車で読んだ読みかけになっている書籍を、自宅でPCで続きを読むことができます。

他にもゲーム機で見ることもできるなど、対応デバイスの幅が広く使い勝手が良いのです。