婚姻届に判を捺しただけですが60話ネタバレ&感想!思い出の指輪の真意は・・・

ピッコマで好評連載中のマンガ『婚姻届に判を捺しただけですが』!

 

「世間の目を欺くために、俺と結婚してください」。出会ったばかりの柊と偽装結婚をする明葉の不意キュン必至のラブコメディーが人気の作品。

 

59話では、指輪の箱を見つけた明葉とさつきとのやり取りが描かれていました。

さつきからプロポーズされるのでは!?と明葉は焦り出しますが、それは飛んだ勘違いだったことが判明!

そして、その箱を柊が掴んでその場を後にしました。

 

指輪の箱の伏線がどう回収されるのか、続きが気になりますよね〜!

 

ここから先はネタバレとなりますので、「まだ読みたくないよ!」という方はお気をつけてください。

 




 

婚姻届に判を捺しただけですが60話のネタバレ!

まず、『婚姻届に判を捺しただけですが』の60話までの内容を振り返りましょう。

  • さつきと明葉が再婚するのでは!?と疑われる
  • 家族の定義について悩む明葉
  • 明葉はさつきとのことを唯斗に相談
  • 「アッキーのことは諦めたわけじゃない」と唯人に告白される明葉
  • 指輪のケースを見つけ、さつきからプロポーズされるのでは?と焦る明葉
  • 指輪のケースの持ち主は柊だった!?

 

まんが猫
唯斗の直球の告白にドキドキ!
まんが猫
柊が指輪のケースの持ち主だったなんて!!

 

59話のラストで、指輪のケースを掴んだ柊。誰に渡すのか・・・続きが気になります!

 

花火大会に向かう明葉

「もうすぐお祭りか・・・」

花火大会のチラシを見つける明葉。

 

家に戻ると、しゅんと落ち込むむつき。

甚平に着替えて花火大会に行く予定にしてたけど、お腹の調子が悪くて急きょ行けなくなって落ち込んでいます。

落ち込むむつきに、花火大会の屋台でお土産を買ってくると約束する明葉。

 

一人で屋台の前をうろつく明葉。

(このお祭り・・・前は百瀬さんと回ったっけ・・・)

以前、柊と花火大会に来たことを思い出す明葉。

 

明葉が再婚するのか気になる柊

「・・・大加戸さん?」

声の主は柊。兄の出張販売の手伝いに来ていたとのこと。

 

むつきへの大量のお土産を抱えている明葉に、一緒に持つと声をかける柊。

強引にお土産を受け取って歩き出す柊に、「こんなことをしてもらう筋合いはない」と明葉は声をかけます。

 

「お詫びです。前に来た時は一緒に花火を見れなかったので」

百瀬さん、覚えてたんだ・・・あの日のことなんてとっくに忘れてると思ってた・・・

柊の行動に、一緒に来たことを思い出す明葉。

 

屋台を回りながら、楽しんでいる明葉に、

「この間、あかりさんが言ってた・・・その・・・大加戸さんと長谷川さんの・・・」

と、再婚の話を明葉に尋ねます。

 

「(再婚は)ないですってば!ありません!」

全力で否定する明葉。

 

その後に指輪のケースを掴んだ柊の姿に、秋葉も気になりつつも聞くことはできません。

 

指輪のケースと柊の気持ちに明葉は・・・

飲み物を買いに行った柊の荷物から、指輪のケースが出てきます。

(持ち歩いとんのかい!今日、その人と会うつもりで・・・)

と、明葉は柊が指輪を渡したい相手と会うのではと勘ぐります。

 

落ちた指輪のケースを拾い上げ、明葉は緑のお店のロゴが入っていることを発見。

そこに柊が戻ってきます。

 

「・・・帰ります」

荷物と指輪のケースを柊に押し付ける明葉。

 

「すみません!びっくりさせましたか?あの指輪」

3年前の指輪が登場したので、明葉は激しく動揺します。

 

私に渡すはずの指輪を別の人に使い回すのはダメなんじゃないか?失礼ですよと諭す明葉。

そして、「もしかして売るつもりでした?ありえる!!」と、強い口調で柊にぶつけます。

 

「やめてください、売ったりもしないし、他の誰かに渡したりもしません、だってあの指輪は・・・」

「帰りましょう!」明葉は柊の話を遮ります。

ですが、話を続ける柊。

 

見れなかった花火も、祝えなかった誕生日も・・・ずっと渡せなかった指輪も・・・いつか大加戸さんに、大加戸さんと・・・

 

3年前に言った、本当の家族になりたい人は・・・と、言葉を続ける柊に、飲み物をぶっかける明葉。

「言わないでください!ぜったいに・・・聞きたくない!!」

号泣する明葉が描かれたシーンで、60話は幕を閉じました。

 

 

婚姻届に判を捺しただけですが60話の感想と考察

気持ちがすれ違ったままの明葉と柊。お互いを思いあってるのがビンビン伝わってくる内容でしたが、言葉が足らない柊の気持ちは、明葉に届く日は来るのでしょうか・・・

前回の花火大会って、柊が具合が悪くなった美晴のところに飛んでしまい、明葉は一人残されたんですよね〜

そこに唯斗がきて、明葉は唯斗とキスをした・・・って、明葉はそのことは思い出さないんだな〜とちょっと不思議に思っちゃいました。

 

そして、3年前に渡せなかった指輪の存在が、明葉を激しく動揺させます。

その指輪は私の元には絶対に来ないと信じきっている明葉。今回こそは柊の本心が聞けるのかなと期待したのですが、泣きながら感情をぶつける明葉の気持ちも辛いですよね・・・

 

まんが猫
柊、男らしく思いを伝えてほしい!!

 

まんが猫
明葉も柊と向き合ってほしい・・

 

ここで、次回以降のストーリー展開を考察してみたところ

・柊の本心を聞くことができた明葉
・柊と明葉はめでたく再婚!
・もう絶対に離れない!と深く誓い合う二人

といったところが描かれるのではないかと予想してみました。

 

この先のポイントですが

まんが猫
柊の本心はいつ明葉に届くのか?

 

まんが猫
明葉と柊のラブラブが見れるのかな??

 

というところではないでしょうか。

とにかく、柊には明葉にちゃんと思いを伝えてほしい!と願わずにはいられません!

 

まとめ

「婚姻届に判を捺しただけですが」60話のネタバレ、感想、考察をまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

明葉と柊のすれ違いが早く解消してほしい!と気になってる読者も多いですよね!

次の更新まで楽しみにしたいと思います!

 

「婚姻届に判を捺しただけですが」のネタバレをどこよりも早くチェックしたい方はこのサイトをブックマークしておくことをオススメします!

他にも、別記事にて漫画を無料で読む方法をまとめていますので、ぜひチェックしてくださいね!